セミの屍骸

2005/10/11

今週も雨続きでなかなか山へ行けない。朝から小雨が降っていたが午頃止んだので、昼食に出たついでにK寺に寄ってみた。
境内の植木の周りにセミの屍骸がいくつも落ちている。ほとんどが蟻にやられてバラバラになっていたり中身がなくなったりしているが、中に古くなっているにもかかわらず形を保っているものがある。こういうものは何らかの菌に冒されている可能性があるので一応調べてみることにしている。
そういうクマゼミの屍骸が一体見つかったのでルーペで見てみたが表面には菌らしいものは見えない。腹部を割ってみると中に黄色っぽいカビのようなものが見えた。近くにあった同じようなアブラゼミの屍骸とともに持ち帰ることにした。

その後奥の林に入った。そろそろオイラセクチキムシタケが出始めているはずなので、確認するためだ。

oirase10.jpg
例年に比べて少し遅いようだが白い未熟個体がいくつかみつかった。

semix1.jpg
持ち帰ったセミの屍骸を改めて調べてみた。

semix2.jpg
クマゼミにほうは腹腔内に小さな分生子柄のようなものがたくさん生えた黄色っぽい塊が見える。

semix3.jpg
アブラゼミのほうも腹部を割ってみるとやはり白っぽい菌らしきものがあったが、こちらは綿状の塊だ。

semix5.jpg
検鏡してみるとクマゼミのほうはネギ坊主のような分生子柄に球形の分生子?が見えた。

semix4.jpg
アブラゼミの方も見てみたが、こちらは全然ちがう。コッペパンのような細長い分生子?が見えた。

接合菌の仲間を予想していたのだが、どうやら違うようだ。セミ生虫草の検索表を見ても当てはまるものがない。クマゼミのほうはAspergillus属、アブラゼミのほうはFusarium属のような形だが、どちらもセミ生の菌は知られていない。
  1. 2005/10/11(火) 21:24:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雨続き

2005/10/05

昨日は大雨、今日も朝から雨で出かけられない。午頃上がっていたので徒歩で近くのK寺に行ってみる。

kogaha1.jpg
コガネムシハナヤスリタケの坪を調べたが一体新しいのが出ていた。色からみて未熟個体のようだ。この種は梅雨の頃に出て秋まで残っているものと思っていたが、長い期間にわたって発生するようだ。

kogaha2.jpg
重複寄生と思われる不完全型を2タイプ見つけたので持ち帰った。

kogaha3.jpg
後で検鏡してみるとどちらもあまり変わらない。
kogaha4.jpg
マユダマタケか?

E_g1.jpg
雨がまた降り出したので早めに引き上げようとしたが、池のそばの草地で菌に冒されたフキバッタを見つけた。バッタの疫病菌(Entomophaga grylli)と思われる。
あたりを調べるとバラバラになったものも含めて10体ぐらいみつかった。何体か持ち帰る。

E_g3.jpg

E_g2.jpg
検鏡してみると大きな休眠胞子が見られたが分生子は見られなかった。フキバッタ類に寄生し休眠胞子だけを形成する系統があるようなので、これでいいのだろう。
  1. 2005/10/05(水) 20:49:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ