クモの季節

2005/06/27

早起きしてO神社のクモタケを見に行った。雨が降らないので萎びかけたような感じのものが多かったが、結構たくさんのクモタケが出ていた。しかしすべて普通の不完全型で、完全型を思わせるようなものはなかった。新たに7、8体のハナアブラゼミタケを見つけたのが収穫といえばいえるだろう。

まだ時間が早いのでK川の方にも行ってみた。合流点付近で川に降りてクモ生のものを調べた。未熟な気生のクモタケがたくさん見つかった。まだ結実しているものは無い。

koeda3s.jpg

黄褐色のコエダクモタケが7体。これは葉裏ではなく枝に付いている。枯枝が多い。

kumo19s.jpg

kumo20s.jpg

白い菌糸に包まれたものが40~50体。これらは全て木や草の葉裏に付いている。昨年よりは少ないが、それでもかなり多い。今の時点ではトルビエラクモタケなのかクモノエツキツブタケなのかツキダシハスノミクモタケなのかわからない。この3種、子座の長さが違うが、子座の色や子嚢果の色や形がそっくりで非常に紛らわしい。結実の時期はトルビエラが一番早く、次いでクモノエツキ、秋も深まってからツキダシが実る。
他に不完全型のAkanthomyces novoguineensisが数体、Gibellulaが数体見つかった。
  1. 2005/06/27(月) 21:03:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

O神社

2005/06/21

5月16日に見つけたアブラゼミタケを見に行った。

abura5s.jpg

少し大きくなっているようだがまだ子嚢果はできていない。白っぽい黴のようなものが被っているのが気になる。

abura4s.jpg

abura3s.jpg

近くでもう二体みつけた。これも結実していない。
写真を撮っていると奥のほうから二人の人物が歩いて来た。何かしゃべっている。傘とか胞子とかいう言葉が耳に入った。キノコ関係の人だろうか?私を見つけて一人が声をかけてきた。「きのこ・・ 冬虫夏草ですか?」
話してみるとやたら詳しい。お名前を訊ねてみるとT山さんだという。このあたりのきのこ関係者では知らぬ者がない人だ。虫草にも詳しい。東山の方でコガネムシ生のイザリア型虫草が大量発生しており、完全型も混じるとか、長岡京の竹林にクビオレ型の虫草が出るとか、いろいろ情報をいただいた。

abura6s.jpg

ハナアブラゼミタケも一体みつかった。
  1. 2005/06/22(水) 20:08:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

クモタケ

2005/06/21

京都市のO神社にアブラゼミタケクモタケを見に行った。梅雨に入って雨が降ったのは最初だけ。きのこも出鼻を挫かれたようでほとんど出てこない。いつもよくクモタケが出るK寺でもまだ1本もでていない。

kumotake9bs.jpg

こちらO神社ではまだ小さいものばかりだが十数本出ていた。

kumotake3s.jpg

中に何本か頭部が黄色っぽくて禿げたような感じのものがある。もしかして完全世代かも・・ 期待が高まる。もう少したったらまた来てみなくては。

kumotake2s.jpg

コケの上に白っぽいものが。見ると菌糸に包まれたクモだ。薄紫の分生子が胴体を被っている。クモタケには違いないようだが、こんなものを見るのは初めてだ。おそらくクモが巣から出た時に感染、発病したものだろう。

kumotake6s.jpg

kumotake7s.jpg

kumotake8s.jpg

クモタケ Nomuraea atypicola

kumotake5s.jpg

分生子

kumotake4s.jpg

フィアライド
  1. 2005/06/21(火) 20:58:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ