FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アブラゼミタケ

2005/05/16

天気がよく非常にさわやかな日だったので久しぶりに遠出をした。といっても自転車だからたいした距離ではないのだが。まずとなりの京都市のO神社にアブラゼミタケの坪を見に行った。ここはもう十年以上も観察を続けているが、神社の参道わきで人通りが多く、なかなか落ち着いて観察できない。

abura1s.jpg

abura2s.jpg

人が途絶えるのを待って調べてみると参道わきの溝の中に一体みつかった。本来7~8月がシーズンだからもちろん未熟だ。以前は溝の外の地面にも出ていたのだが、ここ数年は溝の中でしかみつからない。今日は縁日のようなものがあるらしく、特に人が多い。さっさと撮影をすませて、さらにとなりのK市に向かう。

O峠を超えてK市に入り、U川沿いに山林に入る。ここに大きな倒木群があり、以前未熟な朽木生の不明虫草をみつけているので、それを再調査するのが目的だ。結構時間をかけて調べたが、マルミアリタケ一体しかみつからなかった。かなり大きな倒木群なので期待していたのだが、時季が悪かったようだ。もっともこの時季には何もでないということがわかったことが収穫といえるかもしれない。
  1. 2005/05/16(月) 20:21:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

サナギタケ2

2005/05/9

サナギタケは見かけに大きな変化はない。新しい個体も出ていない。範囲を拡げればもっと見つかると思うが、もう少したってからでもいいだろう。

sanagi4s.jpg

一体を検鏡用に持ち帰る。

sanagi5s.jpg

子嚢果は充分に突出しており、完熟しているように見える。
検鏡してみるとやや未熟な感じがしたが、子嚢と二次胞子を確認できた。図鑑などの記述にだいたい一致するようだ。

sanagi6s.jpg

子嚢殻

sanagi7s.jpg

子嚢と二次胞子
  1. 2005/05/10(火) 19:53:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

消失

2005/05/9

K川へ。4月25日から継続観察していたクサナギヒメタンポタケを見に行ったが、なくなっていた。雨が降ったが虫草が掘り出される程の大雨ではなかったので、やはり人の手で掘り採られたのだろう。この場所はハイキングコースの道沿いであり、未熟なクサナギは真っ白なので目に付きやすいのだ。実は昨年も観察中のクサナギが連休中に折り採られていた。採った人を非難することはできないが、落葉をかぶせて隠しておかなかったことが悔やまれる。

kusanagi2s.jpg

気を取り直してもう一度辺りを調べると、1cmに満たない小さな未熟個体が2体みつかった。先週も調べた場所なので、一週間の間に新しく出て来たものだろう。

syakuto4s.jpg

調べているうちに地面に落ちている未熟なシャクトリムシハリセンボンをみつけた。まだ出始めたばかりのようだ。ホストの幼虫も柔らかい感じがする。

konasana1s.jpg

さらにコナサナギタケも見つかった。普通なら写真も撮らない種類だが、今年初めての個体なので撮っておいた。サクランボのチャワンタケもたくさん出て来ており、この一週間で随分にぎやかになってきたような気がする。
  1. 2005/05/09(月) 17:56:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ