アリ、アリ、アリ

2005/04/11

K川へ。三重県ではオオセミタケが出ているということなので、目標をそれと決めて道沿いの斜面を調べることにする。今まで何回か見つけているが全て別の場所だし、どの場所も一回きりでその後出たことはない。

himekuti4s.jpg

調べるうちにヒメクチキタンポタケを見つけた。かなり伸びて来ているが、先端はまだふくらんでいない。

結局オオセミは見つからず、目標をアリタケ(マルミアリタケ)に変えて近くの倒木群を調べることにする。ここは冬でもアリタケが見つかる所だが、今年はまだ調べていない。

aritakess.jpg

ari1bs.jpg


予想通りいくつか見つかったが、未熟なものが多い。いちばん大きなものを持ち帰って追培することにする。

イトヒキミジンアリタケの胞子がなかなかみられないので、また少し持って帰ることにする。前回、K川ではアリノミジンツブタケが見られないと書いたが、さっそく改めねばならなくなった。今日の最初の一体がそれだったのだ。ないと思い込んでいたため、ていねいに調べなかっただけかもしれない。或いは別の季節ならもっと見つかるのかも。

arimayu1s.jpg

arimayu2s.jpg


重複寄生がもう一種類見つかった。マユダマタケだ。これもイトヒキに寄生しているようだ。

  1. 2005/04/11(月) 18:59:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0