スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

クサナギ?

2005/04/25

K川へ。昨年は4月20日にクサナギヒメタンポタケを見つけているので、しばらく前から気を付けていたのだが、気配もなかった。今日も昨年出ていた辺りを綿密に調べたがまただめ。あきらめかけて5m程離れた場所を漫然と探していると白っぽいものが目についた。まだ未熟だがクサナギのようだ。掘り出してみるとやはり繭から出ている。柄の色が少し赤っぽいのが気になるが、まあ間違いないだろう。再び埋め戻して継続観察することにした。廻りを徹底的に調べたが他には見つからなかった。まだ時期が早いので、これから出てくる可能性もある。

kusanagi1s.jpg

これだけで帰るのはものたりないので、川から少し離れたところの葉裏を調べてみた。前回クモ生虫草をいくつか見つけているので調べる気になったのだが、湿度の少ない場所でも木から水分を得ることができるのだから、虫草があっても不思議ではないだろう。予想通りクモ生のものがいくつかと蛾生のもが一体、それにハダニベニイロツブタケがいくつか見つかった。

gayadori5s.jpg

たぶんAkanthomyces pistillariaeformis

kumo10s.jpg

未熟なAkanthomyces属か?
スポンサーサイト
  1. 2005/04/25(月) 22:25:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

Akanthomyces aranearum

2005/04/19

A_6bs.jpg

A_6as.jpg


アブ谷からの帰りに道沿いのアオキの葉裏を調べるとクモ生の虫草がみつかった。分生子世代だが、なかなか形がいい。川から少し離れているので、こんなところで何か見つかるとは意外だった。他にギベルラの仲間もいくつか見つけた。これからは川沿いでなくても調べる必要がありそうだ。

A_6cs.jpg

持ち帰って検鏡してみると、分生子柄束上にフィアライドが柵上に並んでいる。Akanthomyces属のようだ。まだ未熟なのか分生子は見えない。カバーグラスを少し叩いてみると分生子がいくつか出て来た。やや未熟だがどうやらAkanthomyces aranearumのようだ。
  1. 2005/04/19(火) 17:52:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

カイガラムシキイロツブタケ

2005/04/19

K川へ。このところ道沿いの斜面で地上生のものを探していたのだが、一向に成果があがらない。今年は発生時期が遅くなっているようだ。今日は久しぶりにアブ谷で気生のものを狙ってみる。葉裏の昆虫はまだまだ少ない。小さなクモの姿はよく見かけるが、彼等が菌糸に包まれるのは一ケ月以上先のことだ。カイガラムシ生のトルビエラハガクレシロツブタケは季節にかかわりなくいつでも見られる。

kiiro1s.jpg

ハイイヌガヤの木を見つけたので調べてみると古いカイガラムシキイロツブタケが見つかった。昨シーズンに出たものが、樹上で乾燥標本状態になっているのだろう。

kiiro2s.jpg

同じ枝にいろいろな状態のカイガラムシがついていたので、寄生の進み具合に従って並べてみた。まだ新しい子嚢果はできていない。

hadabeni3s.jpg

アオキの葉裏に発生初期のハダニベニイロツブタケをみつけた。始めから鮮やかな紅色をしているのがわかる。

hadabeni4s.jpg

寄主はいつものカイガラムシではないようだ。コナジラミの仲間かもしれない。
  1. 2005/04/19(火) 17:47:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ