ハナヤスリタケとタンポタケ2

2005/03/22

昨日採って来たハナヤスリタケタンポタケを検鏡してみることにした。その前にまず、断面を撮影。

hanayasuri9s.jpg

ハナヤスリタケのほうは断面も黄色い。

tanpo4s.jpg

タンポタケは真っ白。

tanpo5s.jpg

タンポタケの子嚢と二次胞子。子嚢が非常に長い。やはりタンポタケCordyceps capitataのようだ。ハナヤスリタケも見たが子嚢が未熟で二次胞子ができていない。もう少し追培が必要だ。

K寺から採って来たヌメリタンポタケもついでに見てみて驚いた。タンポタケと同じなのだ。あわててこの前撮った画像を見る。

numetan12bs.jpg

なんと右端のはタンポタケではないか。近くに出ていたので気付かなかったが、K寺には両方出るのだ。
(尚、この画像はこのブログのヌメリタンポタケ2に出ている画像と同じものだが、色合いが違う。前のは夕方近くに撮ったので青味がかっている。今回のはPhtoshopElementuの「カラーバランス」というコマンドで修正したのだ。この機能に気づいたのは数日前だが、とても便利な機能だ。ホワイトバランスを取り忘れた検鏡写真もワンタッチで補正できる。)

寄主のツチダンゴを比べてみた。

tutidango1s.jpg

上がハナヤスリタケ、下がタンポタケの寄主だ。ツチダンゴのことはよくわからないが、かなり見かけが違う。

tutidango3s.jpg

上のほうの胞子、白っぽい。

tutidango2s.jpg

下のほうの胞子、色が濃い。
別種だろうか?
  1. 2005/03/22(火) 13:25:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2