ハナヤスリタケとタンポタケ

2005/03/21

春分の日。普段なら祝祭日は出かけないのだが、暖かいのでK川に行く。イノシシ駆除の人も祝祭日は遠慮するだろうとの考えもある。今日の目的は前回見つけられなかったタンポタケの仲間だ。いくらなんでももう出ているだろうと合流点に着くと、なんと道路工事中の看板が。行ける所まで行ってみることにして山道を進むと向こうにショベルカーの姿が見える。ここまでかと思ったが、何の音もしていない。どうやら今日は休みのようだ。目的地に着いてさっそく調べるが、去年たくさん出ていた場所にも一本もみつからない。前回一本だけ出ていた場所を中心に丹念に調べると、新しいのが一本見つかった。

tanpo2s.jpg

さらに進むともう一本。そしてその近くに5、6本みつかった。

hanayasuri4s.jpg

みつかったのはいいが、なんだか形が変だ。どうも細長くてゆがんだ感じがする。1本ぐらい変な形のものがあったって不思議ではないのだが、最初の2本以外、全部そうなのだ。どうやら別の種類が混じっているらしい。

hanayasuri1s.jpg


hanayasuri3s.jpg


撮影した後慎重に掘り出してみるとヒゲ根のような物が見える。寄主のツチダンゴは少し離れた場所でみつかった。この山で初めて見るハナヤスリタケだ。普通種とされているが、毎年探してもこれまでみつからなかったものだ。数体掘り出して持ち帰ることにした。タンポタケのほうも2体持ち帰った。
帰り道で同じような場所を調べたが、タンポタケのほうはみつかったがハナヤスリタケのほうはみつからなかった。

hanayasuri5s.jpg

ハナヤスリタケCordyceps ophioglossoides

hanayasuri7s.jpg

頭部の拡大

tanpo3s.jpg

タンポタケの仲間。おそらくタンポタケCordyceps capitata

  1. 2005/03/21(月) 18:36:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3