スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ハナヤスリタケとタンポタケ2

2005/03/22

昨日採って来たハナヤスリタケタンポタケを検鏡してみることにした。その前にまず、断面を撮影。

hanayasuri9s.jpg

ハナヤスリタケのほうは断面も黄色い。

tanpo4s.jpg

タンポタケは真っ白。

tanpo5s.jpg

タンポタケの子嚢と二次胞子。子嚢が非常に長い。やはりタンポタケCordyceps capitataのようだ。ハナヤスリタケも見たが子嚢が未熟で二次胞子ができていない。もう少し追培が必要だ。

K寺から採って来たヌメリタンポタケもついでに見てみて驚いた。タンポタケと同じなのだ。あわててこの前撮った画像を見る。

numetan12bs.jpg

なんと右端のはタンポタケではないか。近くに出ていたので気付かなかったが、K寺には両方出るのだ。
(尚、この画像はこのブログのヌメリタンポタケ2に出ている画像と同じものだが、色合いが違う。前のは夕方近くに撮ったので青味がかっている。今回のはPhtoshopElementuの「カラーバランス」というコマンドで修正したのだ。この機能に気づいたのは数日前だが、とても便利な機能だ。ホワイトバランスを取り忘れた検鏡写真もワンタッチで補正できる。)

寄主のツチダンゴを比べてみた。

tutidango1s.jpg

上がハナヤスリタケ、下がタンポタケの寄主だ。ツチダンゴのことはよくわからないが、かなり見かけが違う。

tutidango3s.jpg

上のほうの胞子、白っぽい。

tutidango2s.jpg

下のほうの胞子、色が濃い。
別種だろうか?
スポンサーサイト
  1. 2005/03/22(火) 13:25:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ハナヤスリタケとタンポタケ

2005/03/21

春分の日。普段なら祝祭日は出かけないのだが、暖かいのでK川に行く。イノシシ駆除の人も祝祭日は遠慮するだろうとの考えもある。今日の目的は前回見つけられなかったタンポタケの仲間だ。いくらなんでももう出ているだろうと合流点に着くと、なんと道路工事中の看板が。行ける所まで行ってみることにして山道を進むと向こうにショベルカーの姿が見える。ここまでかと思ったが、何の音もしていない。どうやら今日は休みのようだ。目的地に着いてさっそく調べるが、去年たくさん出ていた場所にも一本もみつからない。前回一本だけ出ていた場所を中心に丹念に調べると、新しいのが一本見つかった。

tanpo2s.jpg

さらに進むともう一本。そしてその近くに5、6本みつかった。

hanayasuri4s.jpg

みつかったのはいいが、なんだか形が変だ。どうも細長くてゆがんだ感じがする。1本ぐらい変な形のものがあったって不思議ではないのだが、最初の2本以外、全部そうなのだ。どうやら別の種類が混じっているらしい。

hanayasuri1s.jpg


hanayasuri3s.jpg


撮影した後慎重に掘り出してみるとヒゲ根のような物が見える。寄主のツチダンゴは少し離れた場所でみつかった。この山で初めて見るハナヤスリタケだ。普通種とされているが、毎年探してもこれまでみつからなかったものだ。数体掘り出して持ち帰ることにした。タンポタケのほうも2体持ち帰った。
帰り道で同じような場所を調べたが、タンポタケのほうはみつかったがハナヤスリタケのほうはみつからなかった。

hanayasuri5s.jpg

ハナヤスリタケCordyceps ophioglossoides

hanayasuri7s.jpg

頭部の拡大

tanpo3s.jpg

タンポタケの仲間。おそらくタンポタケCordyceps capitata

  1. 2005/03/21(月) 18:36:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

イトヒキミジンアリタケ

2005/03/16

itohiki1s.jpg

仕事のほうは一段落したのだが、昨日一昨日と非常に寒くてとても出かける気になれなかった。今日は穏やかな陽気なのでK川へ。さっそく花粉の気配。マスクをしていても目がしょぼしょぼする。合流点に着くとイノシシ駆除の看板が・・ 3月31日までということで、あまり奥には行かないほうがいいだろうと判断し、クモ谷に向かう。ここは今の時季にはあまり変化はない。さっと切り上げて、途中の斜面でのイトヒキミジンアリタケ調べに切り替えた。

itohiki0s.jpg

この種は斜面に生えた木の根元辺りに付いているのだが、道から10m以上斜面を登らないと見つからない。そこまで登ればほとんどの木に数体から十数体付いているので、簡単に百体ぐらいは見つけられる。幅10mで百体ぐらいとすると、1kmも調べれば1万体ぐらいはあることになる。かなり少なめ目にみつもってのことだが・・
 
itohiki2s.jpg

形のいいのを検鏡用に数体持ち帰った。

itohiki4s.jpg

イトヒキミジンアリタケCordyceps sp.
  1. 2005/03/17(木) 00:11:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ