スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ハガクレシロツブタケ

2005/01/31
20050131185451s.jpg

K川へ。本流を遡りシュイロクチキタンポタケの坪に行くが、さすがに姿を消していた。
さっさと切り上げて本流をさらに遡り、キャンプ場の方に向かう。
川沿いのアオキの葉裏を調べるが、特に目新しい物はない。しかし、ハガクレシロツブタケだけはいつも通りいくつも見つかった。検鏡用に一体持ち帰る。
その他イヌガヤの葉裏をチェックするとカイガラムシキイロツブタケの残骸が見つかった。

ハガクレシロツブタケTorrubiella sp.

20050131185512s.jpg

子嚢殻

検鏡してみたが、子嚢や二次胞子は確認できなかった。
参考の為に夏に撮ったものをあげておく。

20050131185541s.jpg

ハガクレシロツブタケ子嚢
スポンサーサイト
  1. 2005/01/31(月) 19:32:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ツブノセミタケ

2005/01/25
20050125191321s.jpg

昨年秋から何ケ月も出たままになっているツブノセミタケを見に行った。撮影してから、2本出ているストローマのうち一本だけを切り取って検鏡用に持ち帰る。この場所のツブノセミタケは必ず30cm以上掘らないと寄主が出て来ないのだ。

ツブノセミタケCordyceps Cordyceps prolifica

20050125191342s.jpg

近くに出ていた分生子世代と思われる個体。

20050125191411s.jpg

結実部

20050125235922s.jpg

二次胞子

20050125191431s.jpg


20050125235838s.jpg

分生子

[ツブノセミタケ]の続きを読む
  1. 2005/01/25(火) 19:24:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クチキムシツブタケ2

2005/01/25
20050125191510s.jpg

近くのK寺へ。オイラセクチキムシタケを探す。松の倒木上にいくつか見つけたが、やや未熟でようやく子嚢果ができ始めたばかりといった感じのものが多い。その近くでクチキムシツブタケを一体見つけたが、夏によく見かけるタイプで、寄主はコメツキムシの仲間。ストローマの先端部にたわしのような感じに子嚢果を密布するタイプだ。一見、K川で見つけたキマワリ生のものと同種には見えない。

20050125191525s.jpg

クチキムシツブタケCordyceps cuboidea

20050126000035s.jpg

二次胞子

  1. 2005/01/25(火) 19:22:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ