FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

セミ成虫生不明種1

2005/01/13
20050120210851s.jpg

昨年12月の初めに東京の広尾山荘さん(中島さん)からセミ成虫生の不明虫草を送っていただいていたのだが、個展などのためなかなか検鏡する時間がとれなかった。一応洗浄だけはすませて冷蔵庫に保存していたのだが、やっと検鏡することができた。

セミ成虫生の不明種Cordyceps sp.
コニシセミタケ Cordyceps sp.か?


20050120211332s.jpg

まず、ルーペでざっと観察した。
脚や翅の一部にセミノハリセンボンと思われる分生子世代の菌がたくさん生えている。さらに同じような菌がストローマ上にも侵出している。

20050125190646s.jpg

ストローマ上(左)と脚上(右上)から分生子柄を採って検鏡してみた。フィアライド(分生子形成細胞の一種)や分生子の特徴はどちらもセミノハリセンボンと変わらない。
[セミ成虫生不明種1]の続きを読む
  1. 2005/01/13(木) 00:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アリノミジンツブタケ

2005/01/11
20050123223012s.jpg

年が明けてから寒い日が続きなかなか外に出る気になれなかったが、ようやく重い腰を上げて近くのK寺に行ってみた。
まずイトヒキミジンアリタケを見に行ったが個体数が少なく古いものばかりだった。多くがアリノミジンツブタケの重複寄生を受けていた。少し採集して持ち帰ったが、やはり古くなっているらしく子嚢や胞子はみられなかった。
昨年から出ているツブノセミタケオイラセクチキムシタケを確認して帰った。

20050123223050s.jpg

アリノミジンツブタケTorrubiella sp.
イトヒキミジンアリタケの古い個体に重複寄生する。


20050125185021s.jpg

子嚢殻

  1. 2005/01/11(火) 00:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

記事一覧10(451〜500)

451. ようやく始動 2017/01/10

452. 2017年1月まとめ 2017/01/11、13、23

453. 春虫草2017/02/27、03/11

454. 春虫草2 2017/3/23、29、30

455. 2017年4月まとめ 2017/04/05、19、24、29

456. 春虫草32017/5/01、05

457. クサナギが帰ってきた2017/05/10、16、23

458. エニワセミタケのアナモルフ 2017/5/28~6/13

459. ハゴロモ生不明種 2017/06/06

460. 梅雨入りはしたけれど 2017/06/21~26

461. シーズン突入?2017/06/28

462. セミタケ2017 2017/07/10

463. シーズン突入?2 2017/07/11

464. 大型ハヤカワセミタケ 2017/07/19

465. クモ生調査2017 2017/07/27、31

466. リハリビ 2017/08/15、17

467. クモ谷再び 2017/08/30
  1. 2005/01/06(木) 17:22:31|
  2. 記事一覧|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ