FC2ブログ

地味なものばかり

2019/11/12

グループ展のための制作で忙しく、しばらく探索に出られなかった。ようやく一区切りついたので、京都市の某所に行ってみた。
川沿いの斜面の葉裏を調べながら進む。意外にクモ生が多い。まずクモの糸に絡まった小型のギベルラが一体、さらにそれと同種と思われるもう一体が見つかった。どちらも未熟だ。
“gibe191112b.jpg"

“gibe191112a.jpg"
Gibellula sp.
Host: Spider. Place: Kyoto. 12 Nov. 2019.


次に完熟した小型のギベルラが見つかった。これは持ち帰って検鏡したが、以前から羽箒型と呼んでいるタイプと同種のようだ。
“G_191113b.jpg"
Gibellula sp.
Host: Spider. Place: Kyoto. 12 Nov. 2019.


シンネマ
“G191112asx.jpg"
synnema of Gibellula sp.

分生子柄
“G191112acpx.jpg"
conidiophore of Gibellula sp.

分生子
“G191112acx.jpg"
conidia of Gibellula sp.

次に同じく完熟した小型のギベルラが見つかったが、持ち帰ってよく見ると子嚢殻ができていた。これも検鏡してみると羽箒型だった。このタイプでテレオモルフを見るのは初めてだ。残念ながら過熟のようで、子嚢や胞子は見られなかった。
“G_191113a.jpg"
Gibellula sp.
Host: Spider. Place: Kyoto. 12 Nov. 2019.


シンネマ
“G191112bsx.jpg"
synnema of Gibellula sp.

分生子柄
“G191112bcpx.jpg"
conidiophore of Gibellula sp.

分生子
“G191112bcx.jpg"
conidia of Gibellula sp.

子嚢殻
“G191112bpx.jpg"
perithecia of Gibellula sp.

クモ生以外ではよくわからないアナモルフ菌をいくつか採集した。

まず糸状の繭のようなものから出ている白い粉状のもの。検鏡してみたが、コナサナギタケと区別がつかない。
“humei191112a.jpg"
Cordyceps farinosa
Host: cocoon of Lepidoptera? Place: Kyoto. 12 Nov. 2019.


分生子柄
“konasanaphia.jpg"
conidiophore of Cordyceps farinosa

分生子
“konasanaconi.jpg"
conidia of Cordyceps farinosa

次に葉裏の不明蛹から出ているコナサナギタケかハナサナギタケかよくわからないもの。検鏡してみたが、分生子の形からハナサナギタケのようだ。
“C_t191112.jpg"
Cordyceps tenuipes
Host: pupa of Lepidoptera? Place: Kyoto. 12 Nov. 2019.


分生子柄
“hanasanaphia.jpg"
conidiophore of Cordyceps tenuipes

分生子
“hanasanaconi.jpg"
conidia of Cordyceps tenuipes

次は半分地面に埋まっていたボーベリアらしきもの。宿主はカネタタキのような直翅目の昆虫。検鏡してみたが、やはりボーベリアのようだ。種まではわからない。
“humei191112b.jpg"
Beauveria sp.
Host: adult of Orthoptera? Place: Kyoto. 12 Nov. 2019.


分生子柄
“B_spanax.jpg"
conidiophore of Beauveria sp.

分生子
“B_spconi.jpg"
conidia of Beauveria sp.

最後に未熟なタイワンアリタケを採集した。
未熟なものは採らないことにしていたが、今回はアナモルフを観察するためにあえて採集した。
“ari191112b.jpg"

“taiwan191112b.jpg"
Ophiocordyceps ootakii
Host: adult of ant Place: Kyoto. 12 Nov. 2019.


未熟なストローマをドライで観察。表面にヒルステラ型のフィアライドがびっしり並んでいる。
“taiwananax.jpg"
anamorph of Ophiocordyceps ootakii

フィアライドと分生子
“taiwananabx.jpg"
phialides and conidia of Ophiocordyceps ootakii
  1. 2019/11/29(金) 14:00:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2019年10月まとめ

2019/10/07、13、23

10月

7日はK川へ。長いこと通行止めになっていたコースに入ってみたが、ここでもやはり例年よりクモ生虫草が少ない。
ただ、極小のギベルラ・レイオパスがたくさん見つかった。全部で十数体だが調べればもっとあっただろう。
“G_l191007a.jpg"

“G_l191007b.jpg"

“G_i191007c.jpg"
Gibellula leiopus
Host: Spider. Place: Nagaokakyo. 07 Oct. 2019.


他には古いコエダクモタケに重複寄生したと思われるシロコナツブクモタケが一体。
“sirokona191007.jpg"
Host: Spider. Place: Nagaokakyo. 07 Oct. 2019.

13日は京都市内へ。ミヤマタンポタケの坪を調べた。
発生量は以前に比べてかなり減っているが、7、8体が見つかった。
“miyatan191013a.jpg"

“miyatan191013b.jpg"

“miyatan191013c.jpg"
Tolypocladium intermedium f. michinokuense
Host: Elaphomyces. Place: Kyoto. 13 Oct. 2019.


23日はK寺裏の山林でオイラセクチキムシタケを探した。
この種も発生が減っており、昨年はついに一体も見つからなかったが、今回は未熟なものが一体だけ見つかった。未熟なものは採らないことにしていたが、今回はアナモルフを観察するためにあえて採集した。
“oirase191023a.jpg"

“oirase191023b.jpg"
Ophiocordyceps rubiginosiperitheciata
Host: Larva of Coleoptera. Place: Nagaokakyo. 23 Oct. 2019.


未熟なストローマをドライで観察。表面にヒルステラ型のフィアライドがびっしり並んでいる。
“oirase191023c.jpg"
anamorph of Ophiocordyceps rubiginosiperitheciata

フィアライドと分生子
“oiraseana.jpg"
phialides and conidia of Ophiocordyceps rubiginosiperitheciata
  1. 2019/11/20(水) 10:47:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2019年9月まとめ

2019/9/12、25

9月

12日は京都市の某谷へ。前回来た時に見つけたシャクトリムシハリセンボンは姿を消していた。
道沿いの斜面で虫草らしきものを発見。どうやらウスキサナギタケのようだ。
“usuki190912a.jpg"

“usuki190912b.jpg"

“usuki190912c.jpg"
Cordyceps tenuipes
Host: Pupa of Lepidoptera. Place: Kyoto. 12 Sep. 2019.


持ち帰って検鏡した。
子嚢殻
“usukisinoukaku1.jpg"
perithecia of Cordyceps tenuipes

子嚢
“usukisinou1.jpg"
asci of Cordyceps tenuipes

子嚢胞子
“usukihousi1.jpg"
ascospore of Cordyceps tenuipes

他にはハスノミクモタケの未熟個体と思われるものが見つかった。
“kumo190912.jpg"
Hevansia nelumboides
Host: Spider. Place: Kyoto. 12 Sep. 2019.


25日はK川へ。まず見つかったのは小型のガヤドリタケの仲間。
“ga190925.jpg"
Akanthomyces tuberculatus group
Host: Adult of Lepidoptera. Place: Nagaokakyo. 25 Sep. 2019.


不明の未熟なギベルラを一体採取して持ち帰った。
“gibe190925a.jpg"
Gibellula sp.
Host: Spider. Place: Nagaokakyo. 25 Sep. 2019.


これを10月3日まで追培養したが、これ以上成長が見込めないので固定して検鏡した。
“gibe191003a.jpg"
Gibellula sp.
Host: Spider. Place: Nagaokakyo. 03 Oct. 2019.


シンネマ
“G191004ax.jpg"
synnema of Gibellula sp.

分生子柄
“usukisinou1.jpg"
conidiophore of Gibellula sp.

分生子
“G191004bx.jpg"
conia of Gibellula sp.
  1. 2019/11/19(火) 14:12:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ